自作PC選定

電源は『NZXT E650』も良いよね?
自作初心者で素人が、予算で選ばない自作PCを作る。その3

前回は電源について熱い思いのまま書きなぐり、最後には疲れてこれで良いんじゃないか?
という多少乱暴な終わり方になってしまった。

電源は『Antec HCG1000 Extreme』がイイ。
自作初心者で素人が、予算で選ばない自作PCを作る。その2
前回は、自作PCで優先順位をどこに持ってくるか?の考えを書いた。 関係ないが、自動車のオーディオについても少し触れている。 興味...

この時最終的に選んだのは、『Seasonic』製造の電源『Antec HCG1000 Extreme』だ。

Antec HCG1000 Extreme

・見た目(結構気にする):最も良し。
・容量:申し分なし。
・効率:80PLUS GOLD認証。まあ良し。

これなら今後どんなグラボが来ても容量を気にする必要はないだろう。

しかし、決めた後思った。

『フォートナイトをフルHDミディアム設定で平均60FPSでいいんよね?そんなに容量いる?』

ガイル大佐
ガイル大佐
…。たぶん、いらん。

方向修正が必要だ。

実は『HCG1000 Extreme』かな?と思った時、心の中でカイジレベルの『ざわ…』つきがあった。

自分の気持ちに正直に向き合おう。引き返すなら今だ。

そんなわけで、今回は改めて電源を選び直すことにする。

そうすると、浮かび上がってきた新たな電源は、『NZXT E650』だった。

『ざわ…』つきの元凶 本当に『80PLUS GOLD』認証でいいのか?

実はそこなのだ。

容量申し分なく、見た目も良くて、静音製も良い。
だけど効率は『80PLUS GOLD』これは違う。

いや、十分に良い性能だって事は分かった上での話。
理屈じゃなくて感情だ。私の『ざわ…』つきは確実に『80PLUS GOLD』に対してある。

机上の思い込みなので、そんなに気にする必要がない事は分かっているが、

ちゃうねん。せめて『80PLUS Platinum』であって欲しいねん…。

という事で、今回は『80PLUS Platinum』以上で検討していく事にする。
これなら電源に妥協しないという自分の軸に合ってると思うのだ。

『80PLUS Platinum』以上且つOEMの『Seasonic』電源を探す。

以前の記事のおかげでかなり自分の欲しい電源が明確になって来た。

こんな条件だ。

電源に求める条件

・80PLUS Platinum以上の高効率電源
・製造メーカーは『Seasonic』製
・容量は1000Wもいらない。
・ファンはFDB
・ファンの大きさは135mmがベスト。
・保証は10年。

製造メーカーは『Seasonic』製一択。
となると、『ちもろぐ』の中の人のツイートによる検索に頼る。本当にありがたい。神です。

このブログは基本『ちもろぐ』最強説を唱えてますが、『ちもろぐ』との関係はありません。
一方的にこちらが崇拝しているに留まります。
当然自作PCに関しての製品の選び方は『ちもろぐ』を見てもらった方がいいです。
『ちもろぐ』編集長『やかもち』様からご指摘があれば修正いたします。その点を考慮してご覧ください。

価格コムの売れ筋上位226品から、Seasonic(紫蘇)が製造を担当(OEM)してる電源ユニットを分かる範囲でまとめてみた。国内で入手できないモノは入れてません。出典:ちもろぐの中の人twitterアカウント

で、やはり来た。

自分が欲しいと思った特徴が備わっている製品がなく、あってもハイエンドすぎるというアレだ。

ちもろぐデータベース内に、80PLUS Platinum以上の電源はわずか4つ。
そしてFDBファンは、1つ!?

容量は、1200Wだそうで。
金額は、4万円!!

て事は、却下ー。

SeasonicOEM品で80PLUS Platinum以上は金額が現実的でないのが分かった。

結局、『80PLUS Platinum』以上のOEMではない『Seasonic』電源を探す。

結果9製品あるようだ。

1000Wモデルもあるがそれは除外するとして、残り8製品。
※価格は2019.02.01時点

グラボのグレードアップも後々考えるとして、一番順当な製品としては『SSR-850PX』か。

値段は19,780円で80PLUS Platinum認証。う〜ん。。。

ワクワクしない。

なんか違う。確かに良いとは思うけど決め手に欠ける。
電源なんだから別に特徴がなくても良いだろうとは思うのだが…。

例えばAntecの『HCG1000 Extreme』で言うと、そのネーミングもまた物欲を刺激するものになっている。

『HCG』は『ハイカレントゲーマー』の略だ。直訳で大電流ゲーマー。
面白いじゃないか。これだけでもテンションが上がってしまう。

俺も大電流ゲーマーになりたい。

というか『SSR-PX850』が、この金額(19,780円)ならもっと他に選択肢があるのでは?と思ってしまう。

実際19,780円も出せば、今(2019.02.01)なら『COOLERMASTER V1200 Platinum RS-C00-AFBA-G1』に届く値段だ。
こちらならネームバリュー、容量、性能、全て申し分ない。いっその事そうするか?

まずは違いを確認してみよう。

『HCG1000 Extreme』は80PLUS GOLD認証だが、80PLUS Platinumに匹敵する性能!

一応『SSR-850PX』『HCG1000 Extreme』を、『ちもろぐ』から知ることができた80PLUSレポートを元にどれくらいの性能差があるのかを具体的に探ってみる。

GOLD認証の『HCG1000 Extreme』が特定の負荷条件においてPlatinum認証の『SSR-850PX』を凌駕する部分があるのかどうかを確認したい。

ちなみに両者には150Wの容量差があるが、『HCG1000 Extreme』は850Wバージョンの『HCG850 Extreme』と値段差がほぼない(2,000円ほど)ので、どうせなら1000W側で判断する。

ついでに『COOLERMASTER V1200 Platinum RS-C00-AFBA-G1』も入れてみよう。

モデル名 SSR-850PX HCG1000 Extreme RS-C00-AFBA-G1
値段 19,780円 17,980円 19,980円
80PLUS認証 Platinum GOLD Platinum
保証期間 10年 10年 7年
10%負荷 88.48% 88.97% 87.31%
20%負荷 91.92% 91.95% 91.29%
50%負荷 92.06% 91.62% 92.58%
100%負荷 89.30% 88.29% 90.70%
ガイル大佐
ガイル大佐
大電流ゲーマー(HCG1000 Extreme)かなりええ勝負しとるやん!!

まずは『大電流ゲーマー』の10%負荷と、20%負荷の時の効率に注目して欲しい。なんとPlatinum認証の2つの製品と効率はほぼ変わらない。

それどころか、50%負荷においても大電流ゲーマーはPlatinum認証にかする性能を見せている!!
仮に50%負荷時に効率が92%であれば、100%負荷を除いて効率性能は実質『Platinum』レベル。

エクストリーム!なるほど確かにモア ザン ワーズ。

正直この3商品においては80PLUS GOLDだろうが、Platinumだろうがあんまり変わらないことが分かった。
100%負荷になる仕様はまず考えられない。
なお波形は『COOLERMASTER RS-C00-AFBA-G1』が最も綺麗だったことを付け加えておく。

条件を下方修正してみる。もしかして『Cyonic』650W電源でいいのでは?

『Seasonic』電源であれば、『GOLD認証』か『Titanium認証』かって事で良さそうだ。

『Platinum認証』と『GOLD認証』の効率差がほとんどなかったからだ。波形は違っていたが。(←コレ結構大事なはず。)

『Platinum認証』ではなく『Titanium認証』になれば、10%負荷時の効率が90%を超える。これには価値があると思う。

でも、価格がねえ。。。2万円越えはさすがにダメかな。『Titanium認証』Seasonic製造電源で2万円を切る電源は今のところ(2019.02.01)ない。

ただ、ここで分かった『Seasonic』電源であれば、『GOLD』でも『Platinum』レベルに匹敵する性能を持つ電源であることが分かったのは嬉しい発見だ。

と言うわけで、条件を下方修正する。ここでようやく値段も条件に加わる。
自分の要求している性能の相場が分かって来たからだ。

電源に求める条件Ver.2

・80PLUS GOLD以上の効率電源(但し、レポートは必ずチェックする。)
・製造メーカーは『Seasonic』製
・容量は1000Wもいらない。
・ファンはFDB
・ファンの大きさは135mmがベスト。
・保証は10年。
・値段はできれば15,000円ほど。

でもいっその事、『Cyonic』でも良いんじゃないか?

『Seasonic』製80PLUS GOLD認証でありながら
・1万円を切るコスパの高さ。
・ファンもFDB。
・保証は5年だが
1万円を切る価格ならそれが妥当。。。

と思っていたその時、なんとほぼVer.2nの条件にマッチする電源があったのだ。

ちもろぐ中の人Twitterアカウント
データベース
にある、『NZXT』(特別な読み方はある?)というメーカーがそれだ。

『NZXT』(ンズクスティー?www)なるメーカーは

『Seasonic』製造電源であり、
・ファンは120mmながらもFDB。
電解コンデンサはもちろんほぼ日本製
・さらには10年保証。
値段は14,018円(2019.02.01価格.com調べ)と、

価格が気になるところだが、それを補ってあまりある保証期間が購買意欲をそそる。

NZXTは『エヌズィーエックスティー』が正しいみたい。

早速80PLUSレポートを確認する。

・『Cyonic AU-650X』と
・『NZXT NP-1PM-E650A』と、
・せっかくなので前述の3製品も並べてみる。

モデル名 AU-650X NP-1PM-E650A HCG1000 Extreme SSR-850PX RS-C00-AFBA-G1
値段 9,245円 14,018円 17,980円 19,780円 19,980円
容量 650W 650W 1000W 850W 1200W
80PLUS認証 GOLD GOLD GOLD Platinum Platinum
保証期間 5年 10年 10年 10年 7年
10%負荷 85.94% 85.87% 88.97% 88.48% 87.31%
20%負荷 89.84% 89.94% 91.95% 91.92% 91.29%
50%負荷 90.93% 90.43% 91.62% 92.06% 92.58%
100%負荷 87.21% 87.44% 88.29% 89.30% 90.70%

『ちもろぐ』でのオススメがいかにマトを得ていたのかが理解できる。

ガイル大佐
ガイル大佐
大電流ゲーマー最強やん!!

これに尽きる。『ちもろぐ』はマジで神だ。なんでもお見通しだ。

ちなみに『Cyonic』『ンズクスティー(NZXT)』に関しての効率はほぼ互角。波形に関しては『ンズクスティー(NZXT)』が良い様に思う。



『ちもろぐ』の電源オススメはマジで最強説。

ここまで確認作業を行なってきた結果、言えることは一つだけ。

とりあえず『ちもろぐ』のオススメ電源買っておけば間違いないな。って事。

これまでの時間と労力を費やした上に(いや、これだけでは全然足りんと思うけど。)『ちもろぐ』があることを知る。
きっと一つ一つこんな感じでデータを集めていったんだと思う。私はまだLAMBDAもETAも何も見れていない。参りました。

じゃ結局どうなのか?

ガイル大佐
ガイル大佐
『Cyonic AU-650X』と『NZXT NP-1PM-E650A』と『エクストリームな大電流ゲーマー1000W』のどれか。

唯一『ちもろぐ』オススメに無かった『NZXT NP-1PM-E650A』を私が落選させなかったのには、コスパ以外にも理由がある。

『NZXT NP-1PM-E650A』は電源ユニットの状態をモニタリングできる。

モニタリングできる内容は、3ラインの12Vラインの

1、『消費電力』
2、『稼働時間』
3、『内部温度』を

リアルタイムに確認できる!

そう。

私が最初に自作PCを作ると決意した理由が、CF-SX3で『フォートナイト』を遊んでいた時、排気の風が尋常じゃなく『熱かった』からなのだ。

それなら、PCケースの中の温度(とまではいかないと思うけど)がモニタリングできるこの電源は私のニーズを満たしてくれるわけだ。

しかも自作PCは初めての素人。中の様子がモニタリングできるのは不安を安心に変えてくれる可能性を秘めている。

温度のモニタリングさえできれば事前に対処できると思っている。甘いのかな?

『NZXT NP-1PM-E650A』がETAやLAMBDA(ラムダと読むらしい。)認証を取っているのか知りたい。

さてどうするか。これを調べる方法はたぶん『ちもろぐ』で紹介されていなかったと思うのだが…。(なんでも『ちもろぐ』頼み。ありがとうございます。)

一応ヒントになるものはないか確認しておく。あった。きちんと紹介されている。

この記事だ。

どうやら他にも『LAMBDA』なる意味のものがあるらしく、『LAMBDAとは』で検索しても単純に出てこなかった。

これまた『ちもろぐ』の

の記事に『LAMBDA』認証ユニットにはしっかりとサイバネティクス社の証明書のリンクが作られている。スゴイ。

結論『NZXT NP-1PM-E650A』はETAやLAMBDA認証は取っていない。

正直5〜10年内にハイエンドなグラボを積む予定が無いなら『Cyonic』で良い。

5〜10年以内にハイエンドグラボに交換予定があるのなら、『大電流ゲーマー』が良い。

『ンズクスティー(NZXT)』は電流のモニタリングできるところがメリット。

これに『Cyonic』電源プラス5,000円を出せる価値があるのか否か?である。

650Wか。。。5〜10年以内にハイエンドグラボを載せる時は来るのか?

てかそんな先の事予想できないから悩んでいる。

電源の値段を保証年数で割ってみる。NZXTが最も良い数値。

保証一年いくら?の計算だ。やって意味あるのかどうか分からない。でも載せておく。

せっかくなので、前に取り上げた5製品の値段を保証年数で割ったデータも確認する。

この計算から導かれる数字についての名前(例えばワットパフォーマンスみたいなやつ)がどこかにあるのかどうか知らないが、ここではワッパにちなんで、『ほっ。パ』とする。数値は小さい方が優れている。ワッパと同じ。

由来は『保証のほ』なのでひらがな。後の小さい『っ。』が、ひらがななのは、保証による安心『ほっ。とした。』を意味する。
ぜひ拡散されたし!!

モデル名 AU-650X NP-1PM-E650A HCG1000 Extreme SSR-850PX RS-C00-AFBA-G1
値段 9,245円 14,018円 17,980円 19,780円 19,980円
容量 650W 650W 1000W 850W 1200W
80PLUS認証 GOLD GOLD GOLD Platinum Platinum
保証期間 5年 10年 10年 10年 7年
ほっ。パ 1849 1402 1798 1978 2855
10%負荷 85.94% 85.87% 88.97% 88.48% 87.31%
20%負荷 89.84% 89.94% 91.95% 91.92% 91.29%
50%負荷 90.93% 90.43% 91.62% 92.06% 92.58%
100%負荷 87.21% 87.44% 88.29% 89.30% 90.70%
ガイル大佐
ガイル大佐
うおおおおおおおおおおおお!!!

『ンズクスティー(NZXT)』が俄然『ほっ。パ』がいい!
いや違う。ただ私がンズクスティー有利な測定方法にしただけの出来レースだ。

これでETAやLAMBDA認証なら、モニタリング機能も後押しして買うのになあ。
ただ、650Wの容量っていうのはちょっと気になるか。確かンズクスティーには850Wもあったような。

『NZXT E850 NP-1PM-E850A』価格:23,128円(2019.02.02時点 価格.com調べ)

無理。

やっぱ650Wか。なら、ンズクスティーの650Wの騒音データくらいは確認できるよね。32.3dBA(ファンノイズ)。

この騒音データを、LAMBDA認証の基準に当てはめて検討しようというわけだ。

『NZXT E650』は『SSR-650FX』をベースに作られている事に気づく。

一応他にも何か参考になるデータは無いかと『NZXT』のEシリーズプレスリリースにも目を通す。

と、ここで漏らしていた情報に気づく。

『NZXT』のEシリーズのユニットはSeasonic『SSR-FX』をベースに作られている!!

きちんと『ちもろぐ』データベースにもその記載はある…。何回ミスってるのか。

ちなみに『NZXT E650』は『SSR-650FX』よりも200円高い(2019.02.02時点 価格.com調べ)だけ。

という事で、『SSR-650FX』のLAMBDA認証データを確認しにいく。あった。

ベースとなる『SSR-650FX』はきちんと『LAMBDA-A-』認証の電源になっている!これで200円高いだけなら良い!
もちろん、あくまでベースの電源がLAMBDA認証を取っているだけであって、『NZXT E850』が認証を取っているわけでは無い。

そして650W電源なら『Cyonic AU-650X』のコスパには負ける。

この辺りでまた悩む。

電源選び まとめ。仮決定に留まる。

最終的には、電源だけの情報で製品選びをするにはこの辺りが限界なような気がする。

と言う事で、まとめ。

電源、私はこう選ぶ

650Wなら『NZXT E650』で。『Cyonic AU-650X』より、2019.02.02時点では、5,000円高価だが、保証期間の長さ(5年間も違う。)と、電流や温度のモニタリングができるという点で採用。

ただシステムを組んでいく上で容量の関係から、650W以上の製品でなければいけないとなると、大電流ゲーマーこと『Antec HCG1000 Extreme』にする。但し、その時の値段が2万円を超えた場合は購入しない。

という事で、電源は仮決定した。次はシステムを考えていきたい。要は何W使うことになりそうか?で電源を確定させようという考えだ。

システムにおいてもきっと悩みまくるに違いない。どうぞこの悩みまくる過程も一緒に楽しんでもらいたい。

結局『NZXT』でも『Antec』でも『Seasonic SSR-FX』シリーズがベースなんだよねえ〜www

グラボは『GTX1050Ti』か『RX570』か決めれん!
自作初心者で素人が、予算で選ばない自作PCを作る。その4
2019年の目標。自作PCを作る。 そう決意してほぼ2ヶ月が過ぎてしまった。 確定申告の書類を作っていてゲンナリしていた矢先にか...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です