自作PC選定

自作『AMD』PCのパーツ変更と購入のタイミング、保証について調べる。自作初心者で素人が、予算で選ばない自作『AMD』PCを作る。その12

ガイル大佐である。

今回は、いよいよ購入が迫っているパーツの補償について確認していきたい。

というのも、3月末に購入しようとしたところ、パーツの在庫がなくなり購入タイミングがずれることで、初期不良保証の期間を超えてしまうことが考えられたので、一回整理して購入タイミングを考えようというわけだ。

要は、

・全ての製品を同じお店で購入することができなさそう。
・購入タイミングがずれる。
・初期不良などの補償はどうなる?
・どのタイミングでの購入が一番安心?

などを調べていく流れだ。

3月末に欠品していた商品も在庫ができ、今なら割とスムーズに購入できそうなので進めていきたい。



まずは今までのパーツを確定させる。

コメント欄よりいただいたアドバイスをもとに(suiminさん、ありがとうございます。)
パーツを確定させた。

迷っていたパーツはこうなった。

電源 『Antec HCG1000 Extreme』
(使用推定電力が高かったので1000Wの電源に。)

グラボ 『RADEON RX580』 RX570→580
(RADEONグラボ価格の鎮静化により、今まで予算+αでRX580が手に入る。)

PCケース 『NZXT H700』→『NZXT H700 PUBG
(外観デザインがPCケースっぽくなく、妻好み。

メモリ 『G.SKILL F4-3200C16D-16GFX』

特にメモリにおいては多少値段が張るが、相性問題で動作不良を起こして交換する手間を考えるくらいなら、

・AMD対応
・マザボのQVLに記載あり
・メモリのQVLにも記載あり
・高クロック製品

を選ぶ方が納得がいくと思い変更した。

この製品なら、DRAMがどこの製品か特に関係なく動作も高クロックで安定しているようだ。
(↑実際全く問題がなかった。ドスパラでも売っているのでおすすめ。)

ちなみに以前の記事の一覧はこちらからご覧いただきたい。

ということで、確定したパーツと値段(2019.04.11現在)は以下になる。
※赤字は今までのパーツからの変更点。

パーツ名 ガイルPC 仕様 相性 値段
OS Windows10 PRO 64bit ¥15,000
電源 Antec HCG1000 Extreme』 ¥18,338
ケース 『NZXT H700 PUBG ¥32,182
CPU 『AMD Ryzen5 2600』 ¥18,480
マザボ 『ASUS PRIME X470-PRO』 ¥17,480
グラボ 『SAPPHIRE NITRO+
RADEON RX580
¥25,349
メモリ G.SKILL F4-3200C16D-16GFX』 ¥14,790
SSD 『Samsung SSD 500GB 860EVO』 ¥7,980
HDD 『WD 30EFRX』 ¥11,057
合計金額 ¥160,656

ひょっとして相性って、メモリくらい?

表にあえて相性欄を作ってみたわけだが、冷静に考えると、相性ってメモリくらいじゃなかろうか?という事に気づく。

というのも、他のパーツは単体での不良の方が可能性は高いと感じるのだ。いや、勝手な偏見だが。

電源に関して言えば、マザーボードとの相性が原因で一つのコネクタからの電気が出力されないということはないだろう。

PCケースに関して言えば、相性というかサイズの問題だけ。
マザーボードとの相性が良くなかったせいで各機器が作動しなかったとかそんな事はないだろう。

CPU、マザボ、メモリ、グラボ。

だいたいこの辺りの相性になってくるのかな?という具合だ。

SSDやHDDもそんなに相性は関係ないだろう。
初期不良の方が確率としては高い気がする。

つまり、相性保証がある店舗で購入した方がいいのは上記4つ。

CPU、マザボ、メモリ、グラボ。

これらはドスパラで買うのが良い。

理由は、条件付きだが、無料で初期不良保証期間が30日になること。

これを利用しない手はない。

条件というのは、モバイル会員になってログインすること。

それならもちろんやる。

ただ、在庫や取り扱いの兼ね合いで、グラボはAmazonでの調達になりそうだった。

『SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 580 8G』

商品としてはAmazon’s Choiceなので、まだ安心かなと思っている。

2019.07.04追記 全く問題なかった。

PCケースや電源は在庫の関係でパソコン工房になりそうだ。

SSD、HDDはどこで買うのも変わらないが、保証の関係でドスパラで買うのが良さそうだ。

まとめると、

・CPU、メモリ、マザボ、SSD、HDDはドスパラ。
・PCケース、電源はパソコン工房。
・グラボはAmazon。

こんな感じだ。

あとはタイミング次第。

現場からは以上だ。

最後まで読んでいただき感謝する。

他にもパーツ選定で気になる記事がある人はコチラから↓どうぞ。

POSTED COMMENT

  1. suimin より:

    メモリの周波数はマザーボードと合わせて確認した方がいいですよ。OCメモリの場合だと、定格より高い電圧をマザーボードに流すのでマザーボード決めてからメモリ決めた方がいいかと思います。あと最近ですと、周波数3600(サポートされてるのも3600までのはず)のでも値段的にはあまり変わらないかと思います。ryzenの場合はCPUの載ってる基盤が二つに分かれていて、そこの間のインフィニティファブリックっていうところが、メモリの周波数と同期しているため周波数が高ければ高いほど、CPUもそうですが他の機器との接続も強くなるようです。相性は今のところはずれ引いたことはないですね。第一世代のryzenだとメモリの相性いろいろあったみたいですけど、たぶん変なの選ばなければまず外れないはずなので^^;

    • ガイル大佐 より:

      またまたありがとうございます。そうですね。今回のメモリは、マザーボード側の動作確認表と、メモリ側の動作確認表どちらにも載ってある商品にしました。
      やはり素人なので、賭けは避けたいなと思いまして。。。購入取付したらまた記事にしますね。今週中に注文するので!

  2. suimin より:

    きょっ、今日起きたことをありのままに話すぜwフォートナイト作ってるepicgamesで会員登録早めにしとくといいですよ。2週間に一度無料でゲームもらえるので、メルアド登録・ダウンロードクリックしとくと幸せになれますよy(^◇^)y

    • ガイル大佐 より:

      テンション高めですね!!実は、それ気になってました。
      ログインした時に、いつの間にか宣伝みたいなものが入ってきたな?と思っていたらこの事だったんですね!!
      よく分からないから放っておいてましたが、そんなサービスがあるとは知りませんでした。
      早速無料ゲット行ってきますwwwありがとうございます☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です