パソコン

2019年 PS3コントローラーでWindows10での『フォートナイト』や『マインクラフトJAVAエディション』を遊べるようにするには『ScpToolkit』と『JoyToKey』だけでOK!

好きなもの、考え方は基本少数派。『マイノリ(ティ)』ガイル大佐である。

かねてから遊んでみたかったゲームをWindows10で遊んでいるのだが、できればキーボードではなくPS3(かPS4)コントローラーで遊びたい。

ガイル大佐
ガイル大佐
その方がなんか遊んでるって感じがするんだよね…。

そして、できればお金をかけたくない。

つまり

『PS3コントローラー』を使って『Windows』でゲームを遊びたい!
ガイルがゲームパッドで遊びたいゲーム一覧

・『マインクラフト』JAVAエディション

・『マインクラフト』BE(Bedrock Edition)つまり統合版
 (息子たちのSwitch版とのクロスプレイ用。)

・『フォートナイト』

・『DiRT Rally』

・『ドラゴンクエストX』 など。

ちなみに、ただWindows10にPS3コントーラーを接続すると、
認識はするものの、ゲーム画面になると反応しない。

ドライバなり、アプリを別にインストールする必要があることがわかった。

調べてみたところ、同じアプリでもサイトによって
認識『する』『しない』など書かれていて、
どれを選んで良いのか分からなかった。

結論を言えば、

『ScpToolkit』
『JoyToKey』があれば

無料にも関わらず、
最も簡単にインストールでき、
全て認識して、且つ快適に遊べた。

快適=入力遅延もなかったという意味!

『ScpToolkit』
PS3(PS4)コントローラーを
Xboxコントローラーと認識させるもの。

『JoyToKey』
PS3(PS4)コントローラーに
キーボード入力を割り当てるもの。

それぞれ役割が異なるので重複して使用オッケー。
結局『SixaxisDriver』は必要なかった。

PS3コントローラーを持っている前提で言えば、PS3コントローラーをPCに繋ぐ配線があれば、お金はかからない。

Bluetooth接続したい場合には、『Bluetoothドングル』代が必要。

レッツノートCF-SX3のような、最近(?)のメーカー製PCであれば、だいたいBluetooth機能が標準搭載されているので、『Bluetoothドングル』を新しく購入する必要がない場合もある。

つまり、
PCにBluetooth機能がないけど、無線でゲームをしたい方は
Bluetoothドングル代がかかるくらい。

各アプリのインストール方法に関しては、詳しく説明してくださっているサイトがある。

このページはそれらのサイトの不足分を補う感じで記事にした。

2019.08.01追記
結局1ページで分かった方がいいよなあってことで、インストールの詳細も翻訳付きで納めた。
 
ただ、元のリンクは敬意を評してそのまま掲載を続けさせていただく。
ありがとうございます。



『ScpToolkit』さえあればほとんどのゲームが遊べる。

私が試した環境では、『マインクラフトJAVAエディション』以外は全て『ScpToolkit』を使うことで快適に遊べた。

OSは『Windows10 64bit』 Ver.は2019.06.14現在最新のもの

・Epic Gamesでの『フォートナイト』
・Steamでの『DiRT Rally』
・スクエニの『ドラゴンクエストX』

がそれだ。

ガイル大佐
ガイル大佐
ちなみに『マインクラフト』でも、統合版と言われる『マインクラフトBE(Bedrock Edition)』で遊ぶのなら『JoyToKey』を入れる必要はない。
『ScpToolkit』だけでいいのだ!

『ScpToolkit』のインストール方法で参考にさせていただいたサイトはこちら。

インストールの詳細は『マイノリ』ガイルの方でも記事にした。その他にも、私がしてしまった失敗と、順番、あと補足を加えておく。

スーファミで遊んでいた世代の人たちへ。

まずはこの画像をご覧いただこう。これは『Xboxコントローラー』である。

お気づきですか?

スーファミでいう『X』『Y』ボタンと、『A』『B』ボタンが逆なことを!!

いやこれは我々世代にとっては『事件』ですよ。

というのが、前述のとおり、

『ScpToolkit』
PS3(PS4)コントローラーを
Xboxコントローラーと認識させるもの。

つまり、
ゲーム内でのボタンの案内はXboxコントローラーがベース!(当たり前や)

つまり、我々が『A』ボタンと思って押すと、それは『B』ボタンなんですよ!旦那!!

なので、ゲームやってると不意にボタンを押し間違えるので注意されたし!!

ガイル大佐
ガイル大佐
ゲーム内アナウンスに騙されちゃダメって事やね。

別に騙してないけどね…。

『ScpToolkit』インストール失敗談と解決策

失敗というのは、最後の手順の時に、『Install DualShock 3 Driver』にチェックがあったからと言って、そこから展開されている『PLAYSTATION(R)3 Controller』のチェックを怠ったことだ。

インストール自体は最後まで進んだのだが、いざ動かすと認識せず、

ガイル大佐
ガイル大佐
あれ?さっきノートパソコンでやった時はうまく言ったけどな?

ってなって困った。

原因は、『Install DualShock 3 Driver』から展開されている項目が多すぎて、肝心の『PLAYSTATION(R)3 Controller』が見えておらず、チェックを入れていなかったことだ。

展開された右にあるスクロールバーを使うことで『PLAYSTATION(R)3 Controller』を発見しチェックを入れることで無事解決した。

一度インストールなり、うまくいかなかった人は同じ状態にないか確認してほしい。

もう一度インストールしたい場合は、『ScpToolkit Driver Installer』のショートカットアイコンをダブルクリックすれば、もう一度インストール画面が現れるので安心してほしい。

↓これ。

『ScpToolkit』はインストールの前に準備が必要

まず、PS3コントローラーをWindows10で正しく『使える』状態にするには、事前にプログラムのインストールが必要になる。

紹介させていただいたサイトにも掲載されているがこちらでも載せておく。

上記インストーラー達は優秀で、お持ちのパソコンの中に新しいバージョンが入っていると、インストールをキャンセルしてくれる。

よってプログラムが重複して安定しなくなったりとかは無い。
安心してインストーラーを起動されたし。

途中『x86』とか『x64』とかのインストールを選ぶ場面があるが、
『x86』=32bit OS用
『x64』=64bit OS用
である。

その他にインストールしておくものはない。

間違って『ScpToolkit』以外のPS3コントローラードライバをインストールしないようにしよう。

ただ、仮に入れてしまっていても心配は無用。
ドライバを削除して接続し直せば最初の状態に戻る。

念のため削除の方法を載せておく。

他のPS3ドライバの削除方法

まず、コントロールパネルを開く。

場所は、
『スタートメニュー(?)』から
『Windowsシステムツール』の中にある。



『ScpToolkit』のインストール

先ほどのプログラムのインストールが完了すれば、『ScpToolKit』のインストールを始められる。

『ScpToolKit』のインストーラーダウンロードはこちらから可能。

PCSX2.net

翻訳付き『ScpToolkit』インストールウィザードの内容。

まずはダウンロードが終わったら、インストーラーを立ち上げる。

全文が英語の案内にビビりながらも続けていく。

グーグルさんに翻訳していただいた結果がこちら。

Welcome to the Prerequisites Wizard
 
The setup has determined that some of the prerequisites needed to run this program are missing.This wizard will assist you in getting and installing those prerequisites.Click Next to continue to the list of prerequisites.
 
Click Finish at any time to completely skip the installation of prerequisites and jump to the installation of the main program.Click Cancel to cancel the installation and exit the Setup Wizard.

前提条件ウィザードへようこそ
 
このプログラムを実行するために必要な前提条件のいくつかが欠落していることがセットアップによって確認されました。このウィザードは、それらの前提条件の取得およびインストールを支援します。
 
 
前提条件のインストールを完全にスキップし、そしてメインプログラムのインストールにジャンプするために、いつでも完了をクリックします。インストールをキャンセルしそしてそしてセットアップウィザードを終了するために、キャンセルをクリックします。

ガイル大佐
ガイル大佐
『Next』と『Finish』さらには『Cancel』のボタンがあって意味が分からんかったけど、そういうことやったんやね。納得。

前提条件て何のことか分からんので『Next』をクリックすると、

グーグルさんに翻訳していただいた結果がこちら。

Prerequisites
 
These programs are needed for the application to run.Click on the check box next to a prerequisites to select it for install or to skip it.
 
 
Press the Next button to download the prerequisites.

前提条件
 
これらのプログラムは、アプリケーションを実行するために必要です。前提条件の横にあるチェックボックスをクリックして、インストールまたは選択をスキップします。
 
 
Nextボタンを押して前提条件をダウンロードしてください。

ガイル大佐
ガイル大佐
ああ!
↓これのことね!!

でもこの前提条件にある4つのプログラムは、上の4つのうち真ん中2つだよね?
(前提条件のは32bitと64bitでそれぞれ準備してくれているから4つある。)

ガイル大佐
ガイル大佐
まあ、この2つのインストールのために他の2つが必要って考えたらいっか。

にしても外国でもこんなに親切な人がいるんやね〜。じゃあ、このプログラムでインストールしてもいいのか…。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いや、俺はそんなの信じない!!

仮にその前提条件のリンクからのプログラムにウィルスが入っているとしたら?
そういうリスクも踏まえての事前インストール。

『だから私はマイクロソフト。』

つーことでチェックを外していく。

全部チェックを外すと『Next』のボタンがグレーアウトして押せなくなり、最後の一文が変更された。

その一文を、グーグルさんに翻訳していただいた結果がこちら。

Press the Finish button to install the main application.

メインアプリケーションをインストールするためにFinishボタンを押してください。

ガイル大佐
ガイル大佐
(割と細かいな…。)

つーことで、『Finish』をクリック。そうするとようやく本インストール画面に。
『Finish』でさらに続くっていう…。

グーグルさんに翻訳していただいた結果がこちら。

Setup requires 23 MB in:
 
 
You must agree to the Licenses terms and conditions before you can install ScpToolkit.
 
I agree to the License terms and conditions.

セットアップには23 MBが必要です。
 
 
ScpToolkitをインストールする前に、ライセンス条項に同意する必要があります。
 
 
私はライセンス契約条件に同意します。

ガイル大佐
ガイル大佐
インストールする場所を指定して、あとはライセンス条項に同意してねってことね。

別にデフォルトのままでいいので『Next』をクリック。

※画像は2枚の画像を1枚に繋げています。(分かりやすくする為。)
ガイル大佐
ガイル大佐
(なんかめんどくさそう…。)

で、グーグルさんに翻訳していただいた結果がこちら。

Features
 
Select the features to be installed
 
ScpToolkit Core Features
 ScpToolkit Tray Notifications
 ScpToolkit Clean Wipe Utility
 Legacy Components
   ScpToolkit Bluetooth Pair Utility
 
   ScpToolkit Monitor
   ScpToolkit Stand-alone Server
 
 Testing & Troubleshooting
   ScpToolkit Gamepad Analyzer
   ScpToolkit Debug info Collector
   ScpToolkit Debug Symbols
 
 Unstable Components
   ScpToolkit Profile Manager

特徴
 
インストールする機能を選択してください
 
ScpToolkitのコア機能
 ScpToolkitトレイ通知
 ScpToolkitクリーンワイプユーティリティ
 レガシコンポーネント
   ScpToolkit Bluetoothペアユーティリティ
   ScpToolkitモニター
   ScpToolkitスタンドアロンサーバー
 
 テストとトラブルシューティング
   ScpToolkitゲームパッドアナライザ
   ScpToolkitデバッグ情報コレクタ
   ScpToolkitのデバッグシンボル
 
 不安定なコンポーネント
   ScpToolkitプロファイルマネージャ

チェックされていないものを赤文字にしています。

てか最後…、不安定なコンポーネント!?

これは多分『未完成』って意味でいいと思う。
プロファイルマネージャってやつ開いた時、使えない機能があったから。

ガイル大佐
ガイル大佐
不安定って言ってもインストールしたら画面がフリーズするとか、そういうことじゃないみたい。

基本全部チェックで良さそう。実際私は全部チェックしてインストールしたけど、何も問題ない。

特にチェックの抜けてる『ScpToolkit Bluetoothペアユーティリティ』は『Bluetooth接続』で遊びたい人は必要なんじゃないかな?

あ、ちなみに『Features』の右にあるタブ『Installation Folder』は、インストールする場所を変更するためのもの。↓

ガイル大佐
ガイル大佐
(これはもう一回同じ意味になるから翻訳はいいよね…?)

実際確認したけど、同じだった。(いる?それ…)

つーことで、『Features』タブに戻り、全部にチェックを入れて、『Install』をクリック。※また2つの画像を1つにしてます。

ガイル大佐
ガイル大佐
数分かかる場合もあると思うけど、ちょっと待ってね。位の意味やろ。たぶん。(雑)※実際そうでした。

グーグルさんに翻訳していただいた結果がこちら。

ScpToolkit has been successfully installed.
 
   Run Driver Installer
 
 
           Finish

ScpToolkitは正常にインストールされました。
 
 
   ドライバインストーラを実行する
 
 
                終了

ガイル大佐
ガイル大佐
まだ終わらないのね…。

ここで『Finish』しても全然問題ない。

『ScpToolkit Driver Installer』のショートカットアイコンをダブルクリックすれば、この続きから始まるので。

↓これね。

初めてインストールするので当然再生マークみたいなところの『Run Driver Installer』を選択する。
そうすると↓この画面が出てくる。

↓インストール実行時はこうなる。

『ScpToolkit』インストール実行時にはダイアログがいっぱい出てくる。

インストール中には右下にデカデカと真っ赤な×が目立つウインドウが連続して出てきて、

ガイル大佐
ガイル大佐
アカン!!これウイルスちゃうのん!!

みたいに慌てたが全く心配なかった。てか本気でビビった。

↓こんなやつ。

これは、PC起動状態でPS3コントローラーを挿し直すと必ず立ち上がるダイアログなのだが、

一応気になるので、
それぞれのフキダシに書かれてある意味を『Googleさん』に訳してもらった。

Scp DS3 Service Resumed
Scp DS3サービスを再開しました
Plugged in Port #1 for on 00:00:00:00 Virtual Bus
00:00:00:00仮想バスにポート#1を接続
Genuine Sony DualShock 3 detected
本物のSony DualShock 3が検出されました
Successfully opened device with MAC address 00:00:00:00
MACアドレス00:00:00:00のデバイスを開くことに成功しました

といった具合で、何ら問題ない内容だった。
なお、このダイアログは放っておけば勝手に消えていく。

ガイル大佐
ガイル大佐
フキダシ多すぎはビビるって!

『ScpToolKit』のインストールは以上で完了。

『Exit』ボタンを押す。

心配な場合はコントロールパネルから『デバイスとプリンターの表示』をクリックして、『Xbox360 Controller』が表示されているか確認しよう。

次回PC起動時からは、ゲーム画面でもしっかりとPS3コントローラーが反応してくれるはずだ。

なお、
『フォートナイト』
『ドラクエX』に至っては、
PCのスリープ状態から復帰すると、
正しく認識しなくなるので、そのつど再起動している。

配線を抜き挿ししなおしてもダメだった。

2019.07.29追記 『ScpToolkit』の自動アップデート確認機能は切っておこう。

『DiRT Rally』で遊んでいると、最近なぜか急にフルスクリーンが解除されて『ScpToolkit』の更新確認のダイアログが出てくるようになった。

今までは、ゲームの裏で勝手に確認して『オッケーでした。』のダイアログだけ残ってる感じだったので、特に気にする必要はなかったのだが、更新確認の為にゲームが中断されるのはめんどくさい。しかも毎日。どうせアップデートなんて頻繁にないっしょ。

その為、毎日自動的に更新確認する機能をオフにする方法を追記しておく。

『ScpToolkit』の自動更新確認機能を『オフ』にする方法。タスクスケジューラで無効化可能。

教えていただいたのはこの記事だ。

リンクを見ていただくとわかるのだが、方法としては

・スケジューラの無効化
・自動更新プログラム自体の削除

の2種類あるみたいだが、小心者ガイルはプログラムの削除が恐いので、スケジューラ無効化の方法をとった。

以下その方法を記しておく。

最後はおまけ。



JoyToKeyインストール方法

『JoyToKey』のインストールが必要なゲームは『マインクラフトJAVAエディション』のみ。
『マインクラフトBE(Bedrock Edition)』いわゆる統合版なら『JoyToKey』インストールの必要はありません。

こちらは前もってインストールの必要なものはなかったので、そのままインストールして大丈夫だった。

ただ、変なプログラムも一緒にインストールされないように、ダウンロードは公式サイトから行うのが良いようだ。

JoyToKey公式ダウンロードのページ

なお、JoyToKeyはシェアウェアソフト(有料)なのだが、今のところ開発者のご好意により機能制限、使用期限制限なしで利用させてもらえるとの事。
ライセンスキーの金額は700円で、インストール後に『ヘルプ』メニューからキー購入が可能。
 
今でも開発が行われている数少ないソフトウェアの一つだと思うので、ぜひご支援いただければと思う。

こちらはインストール中に注意すべきことはなかったので、インストールの際の説明は省略させていただく。

で、一番最初に立ち上げた画面がこちらだ。

ズラーと並んでいて、すでにめんどくさそうな雰囲気いっぱいなのだが、PS3コントローラーで割り当てられるボタンの数は『Botton 13』までなので心配ない。

PS3のボタンが『JoyToKey』のボタンでいう『どれ』にあたるのかは、PS3コントローラーを押せば、該当の部分が黄色に反転するので分かるようになっている。

その他、この割り当ては『マイクラ用』だとか、複数のプリセットを保存しておける。
必要に応じて名前を変更したり、足してやればオッケー。

『JoyToKey』でのPS3コントローラーのボタン配置一覧

では、実際PS3コントローラーの『どの』ボタンが『JoyToKey』でいう『どの』ボタンになっているのかを示してみた。

そして、自分なりの『マインクラフト用』設定がこちらになる。

『フォートナイト』『マイクラBE』と共通の操作感覚になるように意識した。

※画像クリックで拡大。

『JoyToKey』設定後の内容はこんな感じ。

PS3コントローラーにマウスの機能を割り振る場合は、該当部分で右クリックして編集をクリック。

そして、赤で囲ってある部分を調整すれば、割り当てができる。

2019.07.30追記 『Stick1』の遊びを『50』にするとまっすぐ進みます。

『Stick1』の遊びを初期状態のままで使っているとすれば、

ガイル大佐
ガイル大佐
まっすぐ歩きたいけど斜めに動いて気持ち悪いなあ…。

って感じると思う。てか私が実際にそう思った。

だから『JoyToKey』を使ってPS3コントローラーで遊んでてもあんまり楽しくなかった。

あと、

視点移動に関してもちょっと気持ち悪い。もう少し遊びが欲しい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
というか、そういう設定はあった。

ちゃんと調べてないだけだった。

変更するところはここだけ。

これでこころおきなくPCゲームを満喫してもらえたら幸いだ。

現場からは以上だ。

ガイル大佐
ガイル大佐
それにしてもXboxコントローラーの『X』『Y』問題ヤバない!?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です