パソコン

2021年でも無料で可能!!PCでPS3純正コントローラーを有線、無線どちらも使えるようになる『ScpToolkit』インストール方法とおすすめ設定

好きなもの、考え方は基本少数派。『マイノリ(ティ)』ガイル大佐である。

いきなりこのページに来られた方へ。
よかったらまずこっちを見てもらった方がより理解が深まるかもしれない。

2021年 PS3(PS4)コントローラーでWindows10での『フォートナイト』や『マインクラフトJAVAエディション』を遊べるようにするには『ScpToolkit』と『JoyToKey』だけでOK!好きなもの、考え方は基本少数派。『マイノリ(ティ)』ガイル大佐である。 かねてから遊んでみたかったゲームをWindows10で遊ん...

インストールの方法だけでよければ
このままどうぞ。



今でも現役。PS3純正コントローラーはPCで使える!!

大事なことを言おう。

2021年8月15日現在でも、
無料の『ScpToolkit』のインストールで
PS3純正コントローラーを使って
PCで遊べる。

・有線
・無線(Bluetooth接続)

どちらでも遊べる。これは事実だ。

Bluetooth接続の場合は、
PC側にBluetooth子機(ドングル等)があることが条件。

最近のPCのほとんどは標準で付いているが、
なければ『TP-LinkのBluetoothドングル』でもOK。
1,000円程度だ。

私もこれと同じものを使って、
PS3純正コントローラーを
Bluetooth接続できたことを2021年8月15日に確認している。

Windows10 Pro 64bit「Ver.21H1」で確認。

ただ、
『ScpToolkit』は、
インストール、アンインストールの方法が特殊で、
間違えると、
・PS3コントローラーが反応しない。
・アンインストールしても他のBluetooth機器が使えない。
ことがあるので、要注意だ。

とはいっても、
ここに書いてあることを忠実に守ってもらえれば、
全く心配ない。

ちなみに、PS4純正コントローラーに関してはコチラにまとめてある。

無料では無理かも。2021年Windows10PCでのPS4純正コントローラー無線接続について好きなもの、考え方は基本少数派。『マイノリ(ティ)』ガイル大佐である。 いきなり結論を言おう。 2021年8月15日現在、 ...
ガイル大佐
ガイル大佐
ではいってみよう!!

『ScpToolkit』のインストール

まずは『ScpToolKit』のインストーラーダウンロード。

PCSX2.net

翻訳付き『ScpToolkit』インストールウィザードの内容。

まずはダウンロードが終わったら、インストーラーを立ち上げる。

全文が英語の案内にビビりながらも続けていく。

グーグルさんに翻訳していただいた結果がこちら。

Welcome to the Prerequisites Wizard

The setup has determined that some of the prerequisites needed to run this program are missing.This wizard will assist you in getting and installing those prerequisites.Click Next to continue to the list of prerequisites.

Click Finish at any time to completely skip the installation of prerequisites and jump to the installation of the main program.Click Cancel to cancel the installation and exit the Setup Wizard.

前提条件ウィザードへようこそ

このプログラムを実行するために必要な前提条件のいくつかが欠落していることがセットアップによって確認されました。このウィザードは、それらの前提条件の取得およびインストールを支援します。

前提条件のインストールを完全にスキップし、そしてメインプログラムのインストールにジャンプするために、いつでも完了をクリックします。インストールをキャンセルしそしてそしてセットアップウィザードを終了するために、キャンセルをクリックします。

ガイル大佐
ガイル大佐
『Next』と『Finish』さらには『Cancel』のボタンがあって意味が分からんかったけど、そういうことやったんやね。納得。

前提条件て何のことか分からんので『Next』をクリックすると、

グーグルさんに翻訳していただいた結果がこちら。

Prerequisites

These programs are needed for the application to run.Click on the check box next to a prerequisites to select it for install or to skip it.

Press the Next button to download the prerequisites.

前提条件

これらのプログラムは、アプリケーションを実行するために必要です。前提条件の横にあるチェックボックスをクリックして、インストールまたは選択をスキップします。

Nextボタンを押して前提条件をダウンロードしてください。

この時、『ScpToolkit』のインストール画面で、
チェックボックスが入っているもの=インストールが必要。

つまり、上記の写真のような状態の場合、全てインストールが必要。

ガイル大佐
ガイル大佐
どうやら『ScpToolkit』内でどれが必要か自動的に判断してくれてるみたい。賢い。

チェックボックスにチェックマークがあれば、『Next』ボタンを押してインストールしよう。

なお、全てインストールできていれば、こんな感じになるだろう。

『Next』のボタンがグレーアウトして押せなくなり、最後の一文が変更された。

その一文を、グーグルさんに翻訳していただいた結果がこちら。

Press the Finish button to install the main application.

メインアプリケーションをインストールするためにFinishボタンを押してください。

ガイル大佐
ガイル大佐
(割と細かいな…。)

つーことで、『Finish』をクリック。そうするとようやく本インストール画面に。
『Finish』でさらに続くっていう…。

グーグルさんに翻訳していただいた結果がこちら。

Setup requires 23 MB in:

You must agree to the Licenses terms and conditions before you can install ScpToolkit.

I agree to the License terms and conditions.

セットアップには23 MBが必要です。

ScpToolkitをインストールする前に、ライセンス条項に同意する必要があります。

私はライセンス契約条件に同意します。

ガイル大佐
ガイル大佐
インストールする場所を指定して、あとはライセンス条項に同意してねってことね。

別にデフォルトのままでいいので『Next』をクリック。

※画像は2枚の画像を1枚に繋げています。(分かりやすくする為。)
ガイル大佐
ガイル大佐
(なんかめんどくさそう…。)

で、グーグルさんに翻訳していただいた結果がこちら。

Features

Select the features to be installed

ScpToolkit Core Features
ScpToolkit Tray Notifications
ScpToolkit Clean Wipe Utility
Legacy Components
ScpToolkit Bluetooth Pair Utility

ScpToolkit Monitor
ScpToolkit Stand-alone Server

Testing & Troubleshooting
ScpToolkit Gamepad Analyzer
ScpToolkit Debug info Collector
ScpToolkit Debug Symbols

Unstable Components
ScpToolkit Profile Manager

特徴

インストールする機能を選択してください

ScpToolkitのコア機能
ScpToolkitトレイ通知
ScpToolkitクリーンワイプユーティリティ
レガシコンポーネント
ScpToolkit Bluetoothペアユーティリティ
ScpToolkitモニター
ScpToolkitスタンドアロンサーバー

テストとトラブルシューティング
ScpToolkitゲームパッドアナライザ
ScpToolkitデバッグ情報コレクタ
ScpToolkitのデバッグシンボル

不安定なコンポーネント
ScpToolkitプロファイルマネージャ

チェックされていないものを赤文字にしています。

てか最後…、不安定なコンポーネント!?

これは多分『未完成』って意味でいいと思う。
プロファイルマネージャってやつ開いた時、使えない機能があったから。

ガイル大佐
ガイル大佐
不安定って言ってもインストールしたら画面がフリーズするとか、そういうことじゃないみたい。

基本全部チェックで良さそう。実際私は全部チェックしてインストールしたけど、何も問題ない。

特にチェックの抜けてる『ScpToolkit Bluetoothペアユーティリティ』は『Bluetooth接続』で遊びたい人は必要なんじゃなかろうか?

あ、ちなみに『Features』の右にあるタブ『Installation Folder』は、インストールする場所を変更するためのもの。↓

ガイル大佐
ガイル大佐
(これはもう一回同じ意味になるから翻訳はいいよね…?)

実際確認したけど、同じだった。(いる?それ…)

つーことで、『Features』タブに戻り、全部にチェックを入れて、『Install』をクリック。※また2つの画像を1つにしてます。

ガイル大佐
ガイル大佐
数分かかる場合もあると思うけど、ちょっと待ってね。位の意味やろ。たぶん。(雑)※実際そうでした。

グーグルさんに翻訳していただいた結果がこちら。

ScpToolkit has been successfully installed.

Run Driver Installer

Finish

ScpToolkitは正常にインストールされました。

ドライバインストーラを実行する

終了

ガイル大佐
ガイル大佐
まだ終わらないのね…。

ここで『Finish』しても全然問題ない。

『ScpToolkit Driver Installer』のショートカットアイコンをダブルクリックすれば、この続きから始まるので。

↓これね。

初めてインストールするので当然再生マークみたいなところの『Run Driver Installer』を選択する。
そうすると↓この画面が出てくる。

写真の中の文章にある『冒頭で失敗した話』についてはコチラへ。

『ScpToolkit』インストール時の注意点。失敗談と解決策コチラでは、 『インストール時の』失敗談と解決策を記事にしている。 『インストール後の』問題と解決策はコチラからどうぞ。 ...

『ScpToolkit』インストール実行時にはダイアログがいっぱい出てくる。

インストール中には右下にデカデカと真っ赤な×が目立つウインドウが連続して出てきて、

ガイル大佐
ガイル大佐
アカン!!これウイルスちゃうのん!!

みたいに慌てたが全く心配なかった。てか本気でビビった。

↓こんなやつ。

これは、PC起動状態でPS3コントローラーを挿し直すと必ず立ち上がるダイアログなのだが、

一応気になるので、
それぞれのフキダシに書かれてある意味を『Googleさん』に訳してもらった。

Scp DS3 Service Resumed
Scp DS3サービスを再開しました
Plugged in Port #1 for on 00:00:00:00 Virtual Bus
00:00:00:00仮想バスにポート#1を接続
Genuine Sony DualShock 3 detected
本物のSony DualShock 3が検出されました
Successfully opened device with MAC address 00:00:00:00
MACアドレス00:00:00:00のデバイスを開くことに成功しました

といった具合で、何ら問題ない内容だった。
なお、このダイアログは放っておけば勝手に消えていく。

ガイル大佐
ガイル大佐
フキダシ多すぎはビビるって!

『ScpToolKit』のインストールは以上で完了。

『Exit』ボタンを押す。

心配な場合はコントロールパネルから『デバイスとプリンターの表示』をクリックして、『Xbox360 Controller』が表示されているか確認しよう。

次回PC起動時からは、ゲーム画面でもしっかりとPS3コントローラーが反応してくれるはずだ。

なお、
『フォートナイト』
『ドラクエX』に至っては、
PCのスリープ状態から復帰すると、
正しく認識しなくなるので、そのつど再起動している。

配線を抜き挿ししなおしてもダメだった。

2019.07.29追記 『ScpToolkit』の自動アップデート確認機能は切っておこう。

『DiRT Rally』で遊んでいると、最近なぜか急にフルスクリーンが解除されて『ScpToolkit』の更新確認のダイアログが出てくるようになった。

今までは、ゲームの裏で勝手に確認して『オッケーでした。』のダイアログだけ残ってる感じだったので、特に気にする必要はなかったのだが、更新確認の為にゲームが中断されるのはめんどくさい。しかも毎日。間違い無く今更アップデートは無い。

その為、毎日自動的に更新確認する機能をオフにする方法を追記しておく。

『ScpToolkit』の自動更新確認機能を『オフ』にする方法。タスクスケジューラで無効化可能。

教えていただいたのはこの記事だ。

リンクを見ていただくとわかるのだが、方法としては

・スケジューラの無効化
・自動更新プログラム自体の削除

の2種類あるみたいだが、小心者ガイルはプログラムの削除が恐いので、スケジューラ無効化の方法をとった。

以下その方法を記しておく。

最後はおまけ。



2019年11月15日追記。これで完璧。Windows起動と同時に出てくる右下のポップアップを消す方法

↓これの事。
ガイル大佐
ガイル大佐
別にそのままでも困らないけど、必要ないっちゃないのよね。

起動更新確認をオフにしたら次に気になるのがこのポップアップ。せっかくなのでこれも消してしまおう。

これが出なくてもコントローラーは正しく機能する。このポップアップはただのお知らせ機能だった。

これを消す方法は、タスクマネージャーのスタートアップタブから『ScpToolkit Tray Notifications』を『無効』にしてやればオッケー!!

タスクマネージャー起動方法は、ご存じだと思うのだが、

キーボードの『Ctrl』+『Alt』+『Delete』を同時押しでタスクマネージャーを起動することが出来る。

その後は…↓

ガイル大佐
ガイル大佐
あースッキリした。

2019年12月26日追加 それでも満足できない『マイノリ』ガイル!『ScpToolkit』起動時などの音を消す!

やっぱり音が気になる!!

Windowsを起動した後すぐ、

ドゥルルルン!

とか、PS3コントローラーをUSB接続したら、

Windowsの純正の音(テンテケテン♪みたいなやつ)に混ざって、

パンッ!

とか、PCから外したら
Windowsの純正の音(トゥルルン…。みたいなやつ)に混ざって、

ポコッ。

とか、

ガイル大佐
ガイル大佐
あれいらんくない?

つー事で、その音を無効化する方法も追記する!!

まずは、Windowsメニューより、『ScpToolkit』をクリック。

ガイル大佐
ガイル大佐
以上だ!!!これでホンマにカンペキっしょ!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です