パソコン

レッツノートCF-SX3にSSDを換装した後、Windows7 64bitにする時に気づいた事。

64bitにしようとした理由は、単純に『フォートナイト』をPCでしてみたかった。

32bitだと『フォートナイト』ができなかった。

参考にどうぞ。



『Windows7 32bit』のままSSDに換装してしまうと、64bit化できない。

SSDのまま『Windows7 64bit』(以下64bit)をインストールすると、ブルースクリーンになって立ち上がらなくなる。
そうなるとバックアップもできなくなる。実際そうなった。

そもそもCF-SX3をSSDに換装させる為にはそのOSに対応した『インテルRST』が必要らしい。(32bit 64bitとかそう言う意味)

それならSSD上で『インテルRST 64bit版』をインストールできれば良いのだが、それはインストールに失敗した。

今のOSが32bitなのに、64bit用のプログラムはインストールできないようだ。

だからSSD上でOSを64bit化してしまうと『ブルースクリーン』になる。

となると方法は、一旦HDDに戻してOSを64bit化し、そこから『インテルRST 64bit版』をインストールし、SSDに換装するしか方法はなかった。

ちなみにやり直すとSSD、HDDのデータは共に消えるので事前バックアップはしておくべし。

『32bitSSD』→『64bitSSD』時間の目安は8時間。
更新プログラムのダウンロード、インストールにかなりの時間を費やされた。

HDDに戻して64bit化するまでの手順

1、SSDをHDDに戻す。
2、そのHDDで起動させ、Panasonicロゴ表示中に『F2』キーを押す。
  (BIOS画面を立ち上げる。)
3、『終了タブ』の『コンピュータの修復』を選択。(勝手に再起動する)
4、『Windowsを再インストールする。』を選択。
5、『1、ハードディスク全体を工場出荷状態に戻す。』を選択。

2もあるけど、1も2もやってることは同じ。

6、『Windows7 64bit』を選択し、インストール。

このあと更新プログラムのダウンロード、インストールが始まる。
それが終わってから下記の作業を。ここで1〜2時間かかった。

無駄なくSSDに換装できるようになる為の手順が下記作業になる。

間違えたらブルースクリーンになって起動しなくなって、もう一度やり直しになるので気をつけてほしい。

以下データをUSBメモリーにあらかじめダウンロードしておくのがいいかも。(今気づいた。)

SSDを64bitで起動させる為の準備

1、『Microsoft .NET Framework 4.6.1 (Web インストーラー)』ダウンロード&インストール(インテルRSTインストールに必要)

2、インテルRST Ver.14.8.16.1063ダウンロード&インストール
ダウンロードファイルは『setuprst.exe』

3、『MiniTool Partition Wizard』ダウンロード&インストール

4、『EaseUS Todo Backup Free』ダウンロード&インストール

5、ディスクデフラグ自動実行停止

6、ディスクデフラグ実行

7、SSDを変換ケーブルで左側のUSB3.0端子(右端子はUSB2.0)に繋げて、『EaseUS Todo Backup Free』でクローン作成
(方法はこちらのサイト→『いやまいったね!』が分かりやすかった。)

8、HDDをSSDに換装

9、『MiniTool Partition Wizard』でパーティション変更。方法は、先ほどのサイトがいいと思う。

10、出来上がり。

2度寝好きのガイル大佐からは以上だ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です